Web Stationの設定~DiskStation DS218j

DSMアプリケーション, Synology DiskStation DS218j, Webサイト構築, WordPressDSM, DSMパッケージ, Synology, Web Station, ドメイン

WordPressのインストール2~DiskStation DS218j】で基本設定の終わったWordPressを、【SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j】で取得したホスト名"wwq.myDS.me"でアクセスできるように「Web Station」の設定を行います。

「Web Station」はWebサーバー(Apache、Nginx)の基本的な設定をGUIで行うためのツールです。適切に設定しないでDS218jにブラウザでアクセスすると、

Webステーションデフォルト画像|DSM

と、セットアップが終了していない旨のメッセージが表示されます。

DSMにログインします。

メインメニュー|DSM

「メインメニュー」から[Web Station]を開きます。

Webステーションメッセージ|DSM

DS218jにWordPressをインストールすると、自動的にWebサーバーとしてApache2.2、動的なWebページを生成するプログラミング言語としてPHP5.6がインストールされますが、他のパッケージも使用できるようになりました、というメッセージですね。

[OK]をクリックします。

Webステーションで利用可能なバックエンド|DSM

という訳で、パッケージをインストールすれば、Apache2.4やPHP7.0が利用できるようです。

[全体設定]をクリックします。

HTTPバックエンドサーバー設定|DSM

HTTPバックエンドサーバーに「Apache HTTP Server 2.2」を、PHPに「Default Profile (PHP5.6)」を選択して[適用]をクリックします。

PHP設定へ|DSM

PHP設定を選択します。

WebStationプロファイルの設定を開く|DSM

予め作成されている"Default Profile"を選択して[編集]をクリックします。

PHPの設定|DSM

すべて使う必要はないかもしれませんが、PHPの拡張機能不足でエラーになると、エラーの原因が掴みづらくなるので、全部の拡張機能にチェックを入れ、[OK]をクリックします。

Webステーションの仮想ホストの設定へ|DSM

[仮想ホスト]を選択します。

WebStationの仮想ホストの作成|DSM

[作成]をクリックします。

WebStationの仮想ホストのURLの設定|DSM

SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j】で取得したホスト名"wwq.myDS.me"を「ホスト名」に入力し、「ドキュメントルート」の[検索する]をクリックします。

仮想ホストのインストールパスの設定|DSM

WordPressのインストール1~DiskStation DS218j】の手順でWordPressをインストールすると、自動的に共有フォルダ"web"が作成され、その下に"wordpress"ディレクトリが作成され、ここがWordPressのインストールパスになります。

ここで"wordpress"ではなく、一つ上の階層の"web"を選択すると、トップページのURLが

“http(s)://www.myDS.me/wordpress/"

になってしまうので、格好よく、

“http(s)://www.myDS.me/"

になるよう"wordpress"を選んで[選択]をクリックします。

仮想ホストのバックエンドの設定|DSM

HTTPバックエンドサーバーに「Apache HTTP Server 2.2」を、PHPに「Default Profile (PHP5.6)」を選択して[OK]をクリックします。

WebStationの仮想ホスト作成完了|DSM

仮想ホストの設定が作成されました。

以上で[Web Station]での設定は終わりです。

次にWordPressの管理画面にログインして、[設定]→[一般]を開きます。

サイトアドレスの変更|WordPress

サイトアドレスのURLを"http://www.myDS.me"に修正して終了です。

【楽天】Synology DiskStation DS218j

静的IPマスカレードの設定~YAMAHA NVR500】で、外部インターネットからポート80(http)とポート443(https)でのアクセスを可能に設定していますので、これで外部インターネットからアクセスできるようになりました。

WordPressログイン完了

ところで、インターネット空間からのアクセスについてはこれで大丈夫ですが、問題は同じLANの中にあるパソコンからは、通常"http(s)://wwq.myDS.me/"ではアクセスできません。

なぜかというと、インターネット空間にあるパソコンから"http(s)://wwq.myDS.me/"にアクセスしようとする場合、【SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j】の設定と【静的IPマスカレードの設定~YAMAHA NVR500】によって、

  1. “wwq.myDS.me"が自宅のグローバルIPアドレスへ名前解決されて外部から自宅ルーターへHTTP要求。
  2. 自宅ルーターでアドレス変換されてLAN内の"192.168.100.201(DS218j)"にHTTP要求。
  3. DS218jのWeb Serverが応答する。

という手順でアクセスが行われますが、同じことを自宅内のLANにあるパソコンから行うと、

  1. “wwq.myDS.me"が自宅のグローバルIPアドレスへ名前解決されてLAN内部からHTTP要求。
  2. LAN内部ではアドレス変換されないので自宅内に存在しないグローバルIPアドレスへHTTP要求。
  3. DS218jのWeb Serverが応答できない。

という現象が発生してしまうわけです。

NOMI宅のYAMAHA NVR500は内部からもアドレス変換を受け付けてくれるため問題はありません。

どういう仕組みになっているのかは良く解りません。スミマセン。

しかし多くの民生機ルーターはそういう振る舞いをしてくれないので、自宅に公開サーバーを持っている方は色々苦労があるようですね。

この問題の解決方法については、実はベストの方法というのはないようです。【LAN内から自宅公開Webサーバーにアクセスする方法】で少し説明してみたいと思います。