使わなくなったURLの削除~Google

Synology DiskStation DS218j上でSynologyのDDNSを使ってホームページを公開すると、少し面倒なことがあります。

例えばPhoto Stationのようにポート80やポート443でアクセスするサービスを利用する場合、DSMは自動的に登録されたDDNSを利用しようとするため、

Photo StationのURLが見つからない

のように公開中のホームページにアクセスしてうまくいきません。

Photo Stationを使う~DiskStation DS218j

最初にこのサイトの公開に使用していたSynologyのDDNS”wwq.myDS.me”ですが、SynologyではなくMyDNSから取得した新しいURL”wwq.mydns.jp”に301リダイレクトをかけていますから、実際には”wwq.myDS.me”は使用していません。

超簡単301リダイレクト~DiskStation DS218j

というわけで、ここは思い切って”wwq.myDS.me”から301リダイレクトを外し、DSMの不具合を解消したいと思います。

現在のところ、”https://wwq.myDS.me/”には有効なコンテンツは存在していないのですが、Googleの中ではまだサイト登録が有効で、Webキャッシュも生きていますから、これを削除してしまいます。

まず、”Google Search Console”にログインし、URLを削除します。

Search ConsoleでURLを削除する

[Googleインデックス]→[URLの削除]と開き、URL”https://wwq.myds.me/”をタイプし、[続行]をクリックします。

Search ConsoleでURLを削除のリクエストを送信する

[リクエストを送信]をクリックします。

Search ConsoleでURL削除リクエスト完了

以上で終了です。そのうち”https://wwq.myds.me/”に関するGoogle上の情報は消えます。ただし、Search Console上の説明にある通り、このリクエストはあくまで90日間の措置なので、それまでの間にコンテンツは消しておく必要があります。

DSMにログインします。

Web Stationを開く|DSM

[メインメニュー]→[Web Station]を開きます。

仮想ホストを削除する|Web Station

[仮想ホスト]を選択し、削除する”wwq.myds.me”を選択して[削除]をクリックします。

確認のダイアログで[削除]をクリックすれば終わりです。

これでDSMのサービスとホームページの配信サービスが重ならなくなりました。

Google

Posted by NOMI