L2TP/IPsecで自宅にVPN接続~YAMAHA NVR500

もう何年もまえから、民生用のルーターはWi-Fiアクセスポイントを兼ねているものがほとんどで、ウリは電波の強さと見栄え重視のスループット値、それにお仕着せのセキュリティ機能とか、さして効果のなさそうなおざなりの節電機能とか、ルーター本来の性能とは全然別のところにあります。

さらにひどいことを言えば、コストダウンのためにぎりぎり動作するかしないかレベルのプロセッサで動いているため、少しばかり負荷がかかるとすぐ音を上げたり、設定を変えるたびに再起動で何十秒も待たされたり、という具合です。

というわけでNOMI宅には贅沢にもYAMAHA NVR500が鎮座しています。

NOMI宅のYAMAHA NVR500|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

ちなみに向かって右ののっぽなヤツがNVR500です。

NVR500 仕様

NVR500は家庭用ではなくオフィス用なので、家庭では使わない電話関係の機能が多く、ちょっともったいない感じもありますが、ルーターとしての基本性能もオフィスユースレベルです。2010年の新発売直後に買ってから今まで8年、一度もトラブルを起こしたことはありません。

一昨年の2016年9月、ついにNVR500の後継機種NVR510がYAMAHAより発売されました。

NVR510 仕様

NVR500と比べて性能は抜群に良くなりましたが、家族四人のNOMI宅ではこれ以上性能が上がっても宝の持ち腐れ。ただ、NVR510では、YAMAHAの上位機種のルーターにしか搭載されていなかったL2TP/IPsec方式のVPNが使える、というのは買い替え衝動を刺激しました。でもそれだけのために「まだまだ使えるNVR500を放り出して、何万円かをかけてNVR510を買いますか?」といわれると…。

ところが我慢した甲斐がありました。なんと2017年10月リリースのファームウェア”Rev.11.00.36″にアップデートすると、NVR500でもL2TP/IPsec方式のVPNが使えるとのこと。YAMAHAサン、ありがとう!。

我慢できずにNOMIと同じ動機でNVR510を買った人、残念がってるかなぁ。

とはいえ、エンバグが怖いので慌てずに次のファームウェアのリリースを待つのがNOMI流です。で、”Rev.11.00.38″が出たのが2018年の5月。結構待たされましたね。

ファームウェアのアップデート前に、NVR500のVPN設定を見てみると、

アップデート前のNVR500|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

と、PPTPしかありません。

PPTPはセキュリティ上の問題があるのはわかっていたので、2017年の1月にアップルがサポートを終了してからは使うのをやめていました。

“Rev.11.00.38″のリリースノートを読むと特に問題はなさそうなので早速アップデートです。

NVR500のトップ画面→[詳細設定と情報]→ [リビジョンアップの実行] と進みます。

NVR500リビジョンアップの実行|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

最新までアップデートするので「ヤマハのwebサイト」を選択して[実行]をクリックします。

2013年からアップデートしていなかったのですね。ありゃー。

NVR500リビジョンアップの確認|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

リビジョンを確認して[実行]をクリックします。

NVR500ライセンス契約の確認|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

定番のライセンス契約確認です。下までずるるるとスクロールして[同意する]をクリックします。するとファームウェアのダウンロードが始まります。

NVR500リビジョンダウンロード完了|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

リビジョンアップして自動で再起動してくれます。仰せのとおりそのまま待ちます。

NVR500リビジョンアップ完了|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

リビジョンアップ終わりました。[トップへ戻る]をクリックします。

NVR500リビジョンアップの確認|L2TP/IPsecで自宅にVPN接続

無事”Rev.11.00.38″へアップデートできたようです。

些細なことですが、FireFoxでNVR500のトップ画面を見ると一番上のバナーが少しずれて見えます。実害はないのですが、微妙に気になります。

引き続きL2TP/IPsecのVPN接続設定を行います。

YAMAHA NVR500, ルーター

Posted by NOMI