自宅内DNSサーバーの構築~DiskStation DS218j

Synology DiskStation DS218jでWebサーバーを公開した場合の、自宅LAN内からのWebサーバーへのアクセス不具合を解消する方法として、DS218j自身にDNSサーバーを構築する方法です。

DSMにログインし、「パッケージセンター」を開きます。

パッケージセンター|DSM

「DNS Server」の[インストール]をクリックします。

DNS Serverのインストール|DSM

ほどなくインストールが終わります。

メインメニュー|DSM

「メインメニュー」から「DNS Sever」を開きます。設定画面が開いたら「解決」をクリックします。

DNS Server設定画面|DSM

まず、DNSキャッシュサーバーの機能を有効にします。

DNSキャッシュサーバ

DNSキャッシュサーバの役割は、DNSクライアント(ウェブブラウザなど、ドメイン名を利用する何らかのアプリケーション等)からの再帰的問い合わせによって名前解決の依頼を受け、非再帰的問い合わせを行い名前を解決することである。たとえば、Webブラウザで、www.wikipedia.orgなどを入力した際、そのコンピュータがまず名前解決しに行くのがDNSキャッシュサーバである。

出典:ウィキペディア

DNSキャッシュサーバーの設定|DSM

まず「解決機能を有効にする」にチェックを入れてDNSキャッシュサーバーの機能を有効にします。

「フォワーダを有効にする」にチェックを入れると別のDNSキャッシュサーバーの情報を参照して動作します。フォワーダの使用は必須ではありませんが、フォワーダを指定しないとDS218jのDNSサーバーは自ら名前解決できない場合、いちいちルートサーバーにDNS情報を問い合わせなければならなくなるのでフォワーダは使用したほうが動作は早くなる傾向が強くなります。

「フォワーダ 1:」、「フォワーダ 2:」には具体的に参照するDNSキャッシュサーバーのIPアドレスを入力します。

デフォルトでは、DS218jに設定されている参照DNSサーバーが指定されています【IPアドレスの固定~DiskStation DS218j】。

一番良いのは、自宅で契約しているインターネットプロバイダが提供しているDNSキャッシュサーバーを設定することです。

問い合わせまでの経路が短く、応答が早いとされているためです。

NOMI宅の契約プロバイダはBBIQなので、”218.40.229.16″と”218.40.229.40″を設定します。

最近は、参照DNSサーバーはプロバイダから自動でルーターに割り当てられるのが主流で、プロバイダの公式サイトに行ってもDNSキャッシュサーバーの情報が掲載されていないことがありますが、接続中のルーターのステータスを見れば普通はわかるようになっています。

または、DNSキャッシュの豊富なGoogleのパブリックDNSである”8.8.8.8″と”8.8.4.4″を設定しても良いと思います。

設定が終わったら[適用]をクリックします。

ここでパソコンからDNSキャッシュサーバーの動作確認をしてみます。

Windowsの場合は「コマンドプロンプト」を、Macintoshの場合は「ターミナル」を開き、”nslookup”コマンドで確認します。

nslookupを実行|Windows

コマンドの書式は、”nslookup [調べたいホスト名] [参照DNSサーバー]”です。

DS218jのDNSキャッシュサーバーが、”www.kakaku.com”及び、【SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j】で設定した”wwq.myDS.me”のグローバルIPアドレスを正しく返してきました。

引き続き”wwq.myDS.me”のみローカルIPアドレス”192.168.100.201″を返す設定を行います。