DSMのアップデート~DiskStation DS218j

2018/10/05、NOMI宅のSynology DiskStation DS218jからDSMのアップデートの案内メールが来ていました。

DSMアップデートの案内メール|DiskStation DS218j

DSMにログインしてみると、

アップデートの確認1|DiskStation DS218j

[コントロールパネル]にアップデートありのバッヂが付いていました。開いてみると、

アップデートの確認2|DiskStation DS218j

[更新と復元]にバッヂが。開いてみると、

アップデートの確認3|DiskStation DS218j

はい、ちゃんとアップデートの案内が来ていました(別に疑っているわけじゃないです)。アップデート前に「設定のバックアップ」を開きます。

DSM設定のバックアップ|DiskStation DS218j

[コンフィギュレーションをバックアップ]をクリックして設定をパソコンにバックアップします(くどいようですが別に疑っているわけじゃないです)。

バックアップが終わったら[DSM更新]タブに戻ります。

アップデートの内容の確認|DiskStation DS218j

アップデートの内容を確認します。[新機能]をクリックしてみます。

内容は英語でした。読むのが面倒くさいのでGoogle翻訳をかけます。

バージョン:6.2.1-23824


(2018-09-11)

重要な注意点

  1. このアップデートは、各地域のリリース時期が若干異なる場合がありますが、今後数週間以内にすべての地域で利用可能になる予定です。
  2. DSM 6.2.1へのシステムアップグレード後、HASPパッケージはサポートされません。
  3. このアップデートにより、Synology NASが再起動されます。
  4. 以下のモデルでは、DSM 6.2が最後にアップグレード可能なバージョンになります。 DSM 6.2は、正式リリース後、最低2年間はクリティカルおよびセキュリティアップデートを引き続き受け取ります。
    • XSシリーズ:RS3412xs、RS3412RPxs、RS3411xs、RS3411RPxs、DS3612xs、DS3611xs
    • プラスシリーズ:RS2212 +、RS2212RP +、RS2211 +、RS2211RP +、RS812 +、RS812RP +、DS2411 +、DS1812 +、DS1512 +、DS1511 +、DS712 +、DS412 +、DS411 + II、DS411 +、DS213 +、DS212 +、DS211 +
    • 値シリーズ:RS812、RS212、DS413、DS411、DS213、DS212、DS211、DS112、DS111
    • Jシリーズ:DS413j、DS411j、DS411slim、DS213air、DS212j、DS211j、DS112j
    • その他:NVR216、NVR1218、DDSM

DSM 6.2.1の新機能

  1. レガシーアドバンストLUNのスペース再利用速度が調整可能になりました。
  2. 従来のアドバンストLUNを新しいアドバンストLUNに変換できるようになりました。これには即時スナップショットとパフォーマンスの向上があります。
  3. パスワードを作成および変更するためのパスワード強度メーターが追加されました。
  4. DSMバージョンをインターネット経由でインストールまたはアップグレードすると、重要なアップデートとセキュリティアップデートを含む対応するDSMバージョンに自動的にアップグレードされます。 ハードウェアの性能上の制約のため、次のモデルは使用できません。
    • 11シリーズ:RS411、DS411slim、DS411j、DS411、DS211j、DS211 +、DS211、DS111
    • 12シリーズ:RS812、RS212、DS212j、DS212 +、DS212、DS112j、DS112 +、DS112
    • 13シリーズ:DS413j、DS413、DS213j、DS213air、DS213 +、DS213
    • 14シリーズ:RS814、DS414slim、DS414j、DS414、RS214、DS214se、DS214 +、DS214、DS114
    • 15シリーズ:RS815、DS215j、DS115j、DS115
    • 16シリーズ:DS216se

修正された問題

  1. ボリュームがいっぱいになったときにユーザーがスナップショットを削除できないという問題を修正しました。
  2. WindowsがexFAT形式のUSBドライブをHyper Backupのバックアップ先として使用した後に、Windowsが誤ってそのエラーを検出する可能性がある問題を修正しました。
  3. スナップショットレプリケーションパッケージの安定性が向上しました。
  4. 不正確または不完全な更新情報が「DSM更新」タブに表示されることがある問題を修正しました。
  5. 24個を超えるドライブを持つ1つのRAIDがRAID 5/6 / F1またはSHR 1/2ストレージプールをアセンブルできないという問題を修正しました。
  6. RAID 5からRAID 6への変換処理中にシステムが再起動された場合に、ブートエラーが発生する可能性がある問題を修正しました。
  7. Synology NASおよび拡張ユニットモデル上の特定のドライブの互換性を強化しました。
  8. NASをSynology Active Directoryドメインに追加した後に、特定のWindowsバージョンでローカルユーザーがSMB経由でログインに失敗することがあるという問題を修正しました。
  9. DSMがSynology Active Directoryドメインに追加された後、DSMとのWindowsクライアントのクロック同期が改善されました。 Active Directory Serverをバージョン4.4.5-0077以上にアップグレードする必要があります。
  10. ボリュームが劣化したり、クラッシュしたり、作成されなかったりすると、HDDがハイバネーション状態になるのを防ぐため、HDDのハイバネーションメカニズムを変更しました。
  11. パッシブFTP / FTPSポートのデフォルト範囲を調整し、各モデルの最大同時接続数に合わせました。
  12. Linuxカーネルに関する複数のセキュリティ上の脆弱性を修正しました(CVE-2018-1000199、CVE-2018-8897、CVE-2017-0861)。
  13. OpenSSLに関するセキュリティ上の脆弱性が修正されました(CVE-2018-0739)。
  14. procps-ngに関するセキュリティ上の脆弱性が修正されました(CVE-2018-1124)。
  15. ISC DHCPに関するセキュリティ上の脆弱性を修正しました(CVE-2017-3144)。
  16. 複数のセキュリティ上の脆弱性が修正されました( Synology-SA-18:51 )。
  17. マイナーなバグ修正。

https://www.synology.com/ja-jp/releaseNote/DS218j#ver_23824より翻訳して転記

なかなかわかりやすいですね。重大なものはなさそうですし、NOMIの運用環境に直接影響を与えそうなものもありません。

ではアップデートします。

アップデータのダウンロード|DiskStation DS218j

[ダウンロード]をクリックします。

アップデート開始|DiskStation DS218j

ダウンロードが終わると[ダウンロード]ボタンが[今すぐアップデートする]に変わります。DS218jを使っている人がいないことを確認して[今すぐアップデートする]をクリックします。

アップデート開始前の確認|DiskStation DS218j

確認のダイアログです。[はい]をクリックします。

DSMアップデート中|DiskStation DS218j

アップデートが始まりました。

DSMアップデート完了|DiskStation DS218j

自動的に再起動され、アップデートは数分で終了します。[コントロールパネル]→[更新と復元]を開いてアップデート完了を確認します。

簡単でいいですね。

Synology DiskStation DS218j

Posted by NOMI