共有フォルダの作成~DiskStation DS218j

DiskStation DS218jを、【初期設定その1~DiskStation DS218j】のようにDSMの推奨パッケージをインストールせずに初期設定を行うと、NASのNASたるゆえんの共有フォルダは一つも作られません。

日本のメーカーの多くのNASは、サポートするプログラムが最初から全部インストールしてあるので、最初からいくつか共有フォルダが作られています。利用する予定がなければ無駄ですね。お仕着せはあまり好きではありません。

まず、NOMI自身が使用し、その他の家族が使用できない共有フォルダを作成します。

DSMにログインしたら[コントロールパネル]を開きます。

コントロールパネル|DSM

[共有フォルダ]を開きます。

共有フォルダの[作成]を開く|DSM

[作成]を開きます。

共有フォルダ名の設定|DSM

「名前:」に共有名を入力します。「説明:」は直接動作には関係ないので任意です。「場所:」はDS218j上のボリューム選択ですが、現在ボリュームは一つしかないので選択肢はありません。

「「マイネットワーク」での共有フォルダを非表示にします」にチェックを入れると、他の端末から接続しても共有フォルダは見えませんが、エクスプローラで直接パスをタイプすればアクセスできます。利用はしたいが存在を知られたくない場合のオプションですが、ここでは設定しません。

家族には見せられない動画置き場、などがこの「不可視」フォルダの利用シーンですね(笑)。

「無許可のユーザーにサブフォルダとファイルを見せない」にチェックを入れると、説明のとおりアクセス許可の無いユーザーから中身は不可視になります。

「ごみ箱を有効にする」のチェックを外すと、ダイレクト消去になってしまって怖いので有効にしておきます。

今回はNOMI(管理者)専用の共有フォルダですので、「管理者のみにアクセスを許可する」のチェックを入れておきます。

設定ができたら[次へ]をクリックします。

共有フォルダの暗号化の設定|DSM

家庭用なので暗号化はしません。[次へ]をクリックします。

共有フォルダの作成|DSM

内容に誤りが無ければ[適用]をクリックします。すると共有フォルダが作成され、権限設定のダイアログになります。

Synology DiskStation DS218j

Posted by NOMI