Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

DSMアプリケーション, Synology DiskStation DS218jCloud Station, DDNS, DSM, DSMパッケージ, NAS, QuickConnect, Synology, Windows, クラウド

容量を気にせず使用できる自前のクラウドストレージサービス"Cloud Station"。

ですが、実はちょっと困ったことになりました。Let’s Encryptの更新の際にWindowsパソコンとCloud Station Serverとの接続ができなくなるのです。

実は接続が切れたのは今回が初めてではないのですが、そのときは「まあなんかよくわからんけど繋ぎなおせばいいんじゃね」みたいなノリで、パソコン側の"Cloud Station Drive"の接続をやり直して対処していました。

接続が切れるのがLet’s Encryptの更新と関係していることにも気付かずに。

今回改めてパソコンの"Cloud Station Drive"アイコンをクリックして接続状況を確認してみると、

接続の異常|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

と、「SSL認証が更新されました」という今まで出ていなかったメッセージに気付き、[接続を編集]をクリックして、

接続の確認|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

そのまま[完了]をクリックしてみると、

接続不可|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

SSL証明書が無効になっている、というメッセージが表示されました。

ググってみると、Synology DiskStation DS218jの販売代理店、株式会社アスクのサイトに説明がありました。

SSL証明書を使用してCloud Station Driveを使っている場合、同期が切れることがある。


「SSL認証が変更された」のようなエラーメッセージが表示され同期が切れる場合、QuickConnect経由でCloud Stationを利用していることが原因です。

QuickConnectは、LAN内でアクセスした場合はローカルIPアドレスを使用し、インターネット経由でアクセスした場合はリレーサーバーを使用します。このように2つの接続方法それぞれに切り替わる為、SSLの再認証が必要となり、エラーメッセージを表示します。

このメッセージを防ぐには、「DDNS接続」「ポートフォワーディング」を組み合わせてご利用頂く方法をお勧めします。

1)DDNS DynamicDNSサービスを設定します。

https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/connection_ddns

2)ポートフォワーディング>ルーターの設定画面を開き、下記ポートを有効にしてください。

80/443 (let’s encrypt用)

5000/5001 (DSM用)

6690 (Cloud Station用)

3)信頼できる証明書>let’s encryptをご利用下さい。

[コントロールパネル]>[セキュリティ]>[証明書]>[構成]にて、

[Cloud Sattion Server]に作成した証明書が設定されているかご確認下さい。

4)お使いのCloud Station Drive(Backup)にて、QuickConnect IDの代わりに
DDNS名を使用して接続して下さい。

株式会社アスクの公式サイトより転載

なるほど、そういうことなんですね。ではそうしましょう。

以下、上記ページの説明に従って操作します。

1)DDNSの設定

NOMIは既に設定済みですね。

改めて何かやることはありません。スキップします。

2)ポートフォワーディングの設定

NOMI宅のメインルーターYAMAHA NVR500に設定します。

YAMAHA NVR500にWebブラウザからログインして、[詳細設定と情報]→[基本接続の詳細な設定]→稼働中のプロバイダの[登録の修正]から静的IPマスカレードのリストを表示します。

静的IPマスカレード設定前|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

既にDS218jに対してWebサーバー、OpenVPN、L2TP/IPSecVPNの静的IPマスカレード(いわゆるポートフォワーディング設定)が存在します。

今回設定を指示されているポートフォワーディングは、

  • 80/443 (let’s encrypt用)
  • 5000/5001 (DSM用)
  • 6690 (Cloud Station用)

の三種類ですが、一番上の「80/443 (let’s encrypt用)」は既にWebサーバー用に設定済み。二番目の「5000/5001 (DSM用)」は、DSMに接続するのにQuickConnectを使えば不要なので設定しません。

なので設定するのは「6690 (Cloud Station用)」だけでOK(のはず)です。

[追加]ボタンをクリックして以下の設定を追加します。

静的IPマスカレード追加|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

説明にはTCPなのかUDPなのか書かれていませんが、何も断りがない場合、大抵はTCPですね。ITエンジニア同士の会話でも結構ありますよね。

「ポート教えて?」

「3389」

「TCPでいいの?」

「あたりまえじゃん」

みたいな感じ。UDPって結構不憫です。

[設定の確定]→内容の確認ボタンをクリックして、

静的IPマスカレード設定後|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

設定完了です。これでルーターの設定はOKですね。

3)証明書設定の確認

NOMIは既にlet’s encryptで設定済みです。

が、一応確認してみます。次にDSMにログインして、

コントロールパネルを開く|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

コントロールパネルを開き、

セキュリティを開く|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

[セキュリティ]を開き、

証明書の構成を開く|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

[証明書]タブから有効な証明書"wwq.myds.me"を選択して[構成]をクリックします。

証明書の確認|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

“Cloud Station Server"に"wwq.myds.me"で証明書が設定されていることを確認できました。

4)Cloud Station Driveでの接続をQuickConnect IDからDDNS名に変更

Windowsパソコンに戻ってタスクバーから"Cloud Station Drive"アイコンをクリックし、

接続を編集|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

[接続を編集]をクリックし、

DDNSで接続|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

「サーバアドレス:」をQuick Connect IDからDDNS名"wwq.myds.me"に書き換え、以前と同じDSM上のユーザー名とパスワードを設定して[完了]をクリックします。

Quick Connectのキャンセル|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

Quick Connectは使わないので[今ではない]をクリックすれば接続が完了します。

接続完了|Cloud Stationでクラウド構築(4)~DiskStation DS218j

無事接続するようになりました。これで一安心ですね。

ルーターに一つ余計に穴をあけてしまうことになりますが、これはまあ仕方ないですね。

【楽天】Synology DiskStation DS218j