Synologyのアカウントの登録

Synology DiskStation DS218jDSM, QuickConnect, Synology, システム管理, セキュリティ

Synology DiskStation DS218jのセットアップでQuickConnectの設定をやったときに一応はSynologyへのアカウント登録はできています。

ただこの段階では仮登録に過ぎないので、このままではパスワードの変更などができません。

というわけできちんとユーザーアカウント登録をやりたいと思います。

DSMにログインします。

「コントロールパネル」を開く|Synologyのアカウントの登録

「コントロールパネル」を開きます。

「情報センター」を開く|Synologyのアカウントの登録

「情報センター」を開きます。

「Synologyアカウント」を開く|Synologyのアカウントの登録

「Synologyアカウント」タブをクリックします。

「アカウント管理」へ|Synologyのアカウントの登録

[アカウントの管理]ボタンをクリックします。

するとブラウザが開いてSynologyのサインイン画面になります。

サイトへサインイン|Synologyのアカウントの登録

コントロールパネルから開かなくても、https://account.synology.com/ja-jpから、あるいはSynologyのポータルサイトhttps://www.synology.com/ja-jpからでもサインインできます。

初期設定その2~DiskStation DS218j】でQuickConnectへの接続時に設定したメールアドレスとパスワードを入力して[サインイン]をクリックします。

追加設定の案内|Synologyのアカウントの登録

追加設定が必要のようですね。[続行]をクリックします。

追加設定|Synologyのアカウントの登録

赤字のところが必須情報のようです。あまり余計な個人情報は流したくないので、必要最低限の情報だけ入力していきます。

ちなみに「バックアップ電子メール」の欄を設定するにはパスワードの再入力とメールによる認証が必要でした。よくあるパターンですね。

メールアドレス追加の確認|Synologyのアカウントの登録

こんな感じのメールが来るのでリンクをクリックすれば認証OKです。

追加設定完了|Synologyのアカウントの登録

とりあえずここまで入力すれば他の設定を扱えるようになります。

パスワードを変更するには「セキュリティ」タブを開きます。

パスワードを変更|Synologyのアカウントの登録

全デバイスを強制ログアウトさせる機能があって、2段階ログインの設定も可能のようです。セキュリティ的には必要にして十分ですね。AppleIDのように面倒臭くなくて良いです。

続いてパスワードを変更してみます。

[パスワードを変更する]をクリックします。

現行パスワードの入力|Synologyのアカウントの登録

現在のパスワードを聞かれるので入力して[次へ]をクリックします。

パスワード変更前の注意書き|Synologyのアカウントの登録

説明を読んで[次へ]をクリックします。

新しいパスワードを入力|Synologyのアカウントの登録

新しいパスワードを入力して[次へ]をクリックします。

パスワード変更完了|Synologyのアカウントの登録

[OK]をクリックします。

サインイン|Synologyのアカウントの登録

自動的にサインアウトして新しいパスワードでの再ログインとなります。

ところで、Synologyサイトの「セキュリティ」のところを開くと、最後にパスワードを設定した日時と、設定してからの経過期間が表示されます。

パスワード設定期間の表示|Synologyのアカウントの登録

こういうサイトへのログイン(サインイン)パスワードは、数か月に一度は変えたほうが良いといわれていますから、こういう表示があるのは助かりますね。

【楽天】Synology DiskStation DS218j