HUAWEI P20 lite購入~スマホ

スマホ・電話

子供に格安携帯を与えるときの問題とは?~スマホで少し触れましたが、約束通り、娘にスマホを買ってあげました。

機種は「HUAWEI P20 lite」です。今何かと世間をお騒がせしているファーウェイ(華為)のエントリー端末ですね。

HUAWEI P20 lite | 携帯電話 | HUAWEI Japan

iPhoneだらけの日本で、2018年唯一Android機で気を吐いた機種ですね。

HUAWEI P20 lite (P20lite)の性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

NOMIが契約しているMVMOでも入手できる機体でしたが、価格が高かったのでAmazonから購入しました。色はサクラピンク。

Amazonで注文|HUAWEI P20 lite購入

ちなみにカバーも一緒に注文。もちろん娘チョイス。人気機種なのでカバーもよりどりみどりだったようです。

SIMはMVMOに別途注文。残念ながら契約の関係で入手できるのは翌月ということで、ひとまず本体とカバーのみ先に入手です。

2018/12/18に注文し、12/22には到着です。早いですね。クリスマスプレゼントっぽくなりました。

Amazonから到着|HUAWEI P20 lite購入

いつものAmazonの箱ですね。

カバーとスマホ|HUAWEI P20 lite購入

左がカバー、右がP20 lite。

中身一覧~1|HUAWEI P20 lite購入

P20 liteの中身です。説明書、本体、専用ACアダプタ、USB-Type-Cケーブル、イヤホン(3.5mmステレオ)です。あと、写真に入れ忘れましたが、透明なTPU素材の保護ケースが付属しています。手前にそこはかとなく見えるのはSIMカバーの取り出しピンです。

中身一覧~2|HUAWEI P20 lite購入

最近流行の縦長タイプで、画面は5.8インチ。そこそこ大きいです。

充電器は専用の9V急速充電仕様ですので貸し借り時は注意です。接続タイプはUSB-Type-C。これはもう主流ですね。

最近高級機では消えつつある3.5mmステレオジャックは健在です。ケーブルが鬱陶しくなければ、Bluetoothイヤホンのように別途充電の手間がいらないのがメリットですね。

性能と仕様的にいえば、5~6万円してもおかしくないのですが、こんなハイスペックスマホが2万円台で買えるとは驚きです。

まだSIMが手元にないのですが、それまでは自宅のWi-Fiで遊べば良いのでとりあえずセットアップです。電源ボタンを長押しします。

初期設定開始|HUAWEI P20 lite購入

そこそこ充電はされていたので、画面を見ながら素直に初期設定していきます。

Wi-Fi設定|HUAWEI P20 lite購入

SIMは入っていないのでWi-Fiの設定をやります。

娘は中学に入ったときから勉強でパソコンを使っています。当然のようにGoogleのアカウントは持っていますからそれをそのまま使います。Huaweiのアカウント登録は今回はスキップです。必要になったときで良いでしょう。

Androidの初期設定って難しそうですが、画面に書いてある内容を素直に読んでいけば意外に簡単です。

初期設定終了|HUAWEI P20 lite購入

娘に説明しながらの初期設定ですが、それでも10分程度で完了です。画面が精細なので綺麗ですね。

スマホカバー|HUAWEI P20 lite購入

一方のカバーですが、安い割にはしっかりした良い感じです。

カバーに装着|HUAWEI P20 lite購入

P20 lite専用カバーです。ぴったりとはめ込む感じで、これなら落としても大丈夫でしょう。マグネット入りのバンドで止めるタイプですね。

操作ボタンと被ったりせず、良い感じです。

横置き|HUAWEI P20 lite購入

横置きしてみました。

指紋センサー|HUAWEI P20 lite購入

ちょっと残念だったのが指紋認証の穴。カバーにはきちんと穴が空いているのですが、厚みがあるせいか指が入りにくく、うまく反応しないようです。娘はさっさとあきらめて顔認証を使うことにしたようですね。

SIMの装着~スマホに続きます。

スマホ・電話

Posted by NOMI