パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

DSMアプリケーション, Synology DiskStation DS218j, WordPressCloud Sync, DSM, DSMパッケージ, NAS, Synology, アップデート, メンテナンス

はい。またアップデート通知が来ました。

アップデート通知|パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

通知を見てみると、

通知内容|パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

“Cloud Sync"のアップデートですね。

"Cloud Sync"アップデートを開く|パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

“Cloud Sync"はGoogleドライブOneDriveのデータを、Synology DiskStation DS218jと同期するために使っている大事なパッケージです。アップデートの詳細を確認しましょう。

"Cloud Sync"アップデート詳細|パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

パッケージのアップデートで毎回困るのが、アップデート内容が英語でしか表示されないこと。

NOMIは外国語苦手です。

DSMのアップデートの内容はSynologyのホームページに掲載されているので簡単に翻訳できるのですが、パッケージのアップデートはホームページに掲載されていないばかりか、この画面からテキストの内容をコピーできないので簡単に翻訳できません。

なのでNOMIは、翻訳したい部分を拡大してスクリーンショットで画像として保存し、

Free Online OCR – convert PDF to Word or Image to text

に画像をアップロードして文字情報に変換し、翻訳をかけています。

Googleのアカウントがあれば、Googleドライブに画像をアップロードしてGoogleドキュメントで開けば同じようにOCRで文字認識できます。が、一時的に読むだけなら"Free Online OCR"のほうが楽ちんです。

上の画像の赤枠の英語部分をこの方法OCR認識してGoogleで翻訳してみると、

1.同期先としてhubiCをサポートする最後のバージョンになります。 既存の実行中のタスクは保持されますが、このバージョン以降は新しいタスクをhubiCに追加することはできなくなります。

2.このバージョン以降、クラウド・サービス・プロバイダーのEOL計画により、IBM SoftLayerに対して限定的なサポートが提供されます。 詳しくは、クラウドサービスプロバイダのWebサイトをご覧ください。

3. Google Cloud Storageにアップロードされたファイルにコンテンツタイプ情報を追加して、Webブラウジングを快適にします。

4.文字化けした、特殊な、または空白の文字を含むファイル名のファイルをMicrosoft OneDrive for Businessにアップロードするとループが発生することがあるという問題が修正されました。

5. Microsoft OneDrive for BusinessでOAuthが失敗する可能性がある問題を修正しました。

6.細かいバグ修正。

となりました。きれいな日本語ですね。さすがGoogle。

"Cloud Sync"をアップデート|パッケージのアップデート(7)~DiskStation DS218j

アップデートはやったほうが良さそうなのでサクッと実施しました。

【楽天】Synology DiskStation DS218j