Search Consoleを利用する~Luxeritas/WordPress

ホームページを公開したら是非やっておきたいのがGoogleのSearch Consoleサービスの利用です。

Search Console とは – Search Console ヘルプ

Search Consoleを有効にしておくと、サイトがGoogleにどのように認識されているかを知ることができるだけでなく、アクセス改善のためのアドバイスまでやってくれます。

初めてSeach Consoleを利用する場合は、まずWebブラウザから”Google Seach Console”で検索してSeach Consoleのページへ移動します。

Seach Console|Google

[今すぐ開始]をクリックします。Googleアカウントへのログインを行うと、いきなりサイトの登録になります。

既にSearch Consoleを利用中の場合は、[プロパティを追加]からサイト登録画面を開きます。

Google Seach Consoleへようこそ

「サイトURL」に”https://wwq.myds.me/”を入力して[プロパティを追加]ボタンをクリックします。

所有権の確認1|Google Seach Console

デフォルトでは、ユニークなコード名のHTMLファイル(ちなみに中身は空っぽ)を、サイトのドキュメントルートに置いた状態でサイトにアクセスし、そのサイトの所有者を確認する、という方法を提示されます。

FTPでHTMLファイルをアップロードするのは面倒なので、WordPressの管理画面からHTMLタグを張り付ける方法に変更します。[HTMLファイル]のタブを閉じます。

所有権の確認2|Google Seach Console

「HTMLタグ」のタブを開きます。

所有権の確認3|Google Seach Console

メタタグがテキストで表示されるので枠内をコピーしておきます。説明にあるとおり、このコードを<haed>セクションの最後で、<body>セクションの前にペーストします。

ここからWordPressの管理画面での操作になります。

Google, Luxeritas, WordPress

Posted by NOMI