使わない画像サイズの削除~Luxeritas/WordPress

ブログのデザインも固まってきたことですし、いらない画像サイズを削除します。

WordPressテーマ”Luxeritas”は高速表示がウリのテーマですが、ソースに直接手を入れることなく、コントロールパネルだけで非常に細かい設定ができる「気配りテーマ」でもあります。

ワードプレステーマ”Luxeritas”を使う理由

その副作用ともいうべきか、Luxeritasは画像を一つアップロードすると色々なサイズの画像を自動で作成します。

そもそもWordPressが自動作成するパターンにLuxeritasが独自に作成するパターンを合わせると11種類、これにオリジナルの画像を加えて、なんと一つのアップロード画像につき12種類もの画像ファイルがサーバー上に存在します。

WordPressは画像の種類が多い|使わない画像サイズの削除

Luxeritasを使っていてメディアに画像をアップロードするのに時間がかかるのはこういうわけですね。

まだ記事の数としては50件ほどなのですが、とりあえず現在のWordPressのドキュメントルートの容量を見てみると、

ダイエット前のwordpressフォルダ|使わない画像サイズの削除

ざっと420MBです。全体容量が増えないように、【Imsanityプラグイン~WordPress】で巨大な画像サイズのアップロードは抑えていますが、それにしても多いです。

Synology DiskStation DS218jはNASですから、WordPressのドキュメントルートもWindowsのエクスプローラーで開くことができるので容量確認は簡単ですね。

という訳でいらないサイズの画像を削除していきます。

まずはWordPressが自動作成する、いわば本家の画像パターンをみてみます。

メディア設定を開く|使わない画像サイズの削除

WordPressの管理画面から[設定]→[メディア]を開きます。

大サイズの画像を作らないように|使わない画像サイズの削除

「サムネイルのサイズ」と「中サイズ」は使っていますが、「大サイズ」に相当する画像はLuxeritasが生成するヤツを使用するので今後必要はないでしょう。デフォルトの”1024×1024″を”0x0″に変更し、下のほうにスクロールして[変更を保存]をクリックします。これで次回からは「大サイズ」は作られなくなります。

しかしこのままでは過去に作成された”1024×1024″の画像は残ったままなので削除します。プラグインを使うテもありますが、一投稿あたりの貼付画像数を6枚とすると6×50=300枚くらいなので手作業でやります。NOMI宅ではDSMで作業できますので簡単です。DSMにログインして[File Station]を開いて操作します。

WordPressでは自動生成された画像のファイル名に、”[横解像度]x[縦解像度]”が追加されるので検索は簡単ですね。

DSMで画像ファイルを移動|使わない画像サイズの削除

間違って消してもすぐ元に戻せるように仮フォルダを作り、”/web/wordpress/wp-content/uploads/”以下でファイル名に”1024x”を含むものを検索して移動します。仮フォルダは本当に要らなくなったときに削除します(小心者)。

大サイズ削除後の容量|使わない画像サイズの削除

ここで370MBまで減りました。約50MBのダイエットに成功です。

続いてLuxeritasオリジナルの画像サイズを確認します。

Luxeritas, WordPress

Posted by NOMI