WordPressの4から5へのアップデート

DSMアプリケーション, WordPress, WordPress プラグインDSM, DSMパッケージ, アップデート, プラグイン

バージョン4からバージョン5へのアップデートということで、少しビビッて【パッケージのアップデート(6)~DiskStation DS218j】のときにアップデートを保留していたWordPressですが、テーマ"Luxeritas"を最新まで【WordPressテーマ”Luxeritas”のアップデート(1)】でアップデートしたので、DSMからWordPressのアップデートを行います。

[パッケージセンター]を開き、

アップデート開始|WordPressの4から5へのアップデート

「WordPress」の[アップデート]をクリックします。

アップデート中|WordPressの4から5へのアップデート

この状態で3分ほど待つとアップデートが終わります。WordPressの管理画面にログインを試みると、

データベースの更新|WordPressの4から5へのアップデート

「データベースの更新が必要です」と言ってきますので、素直に[WordPressデータベースを更新]をクリックします。

データベース更新完了|WordPressの4から5へのアップデート

更新が完了したら[続ける]をクリックします。

プラグインのアップデート|WordPressの4から5へのアップデート

アップデートは無事完了したようです。と、同時に"TinyMCE Advanced"プラグインのアップデートが通知されて来ました。いうまでもなく、新エディタ"Gutenberg"への対応のためですね。チェックを入れて[プラグインを更新]をクリックします。

Gutenbergの画面|WordPressの4から5へのアップデート

更新した後、記事の編集を開いてみると新エディタ"Gutenberg"に変わっていました。

システム上はこの新エディタ"Gutenberg"を「ブロックエディタ」、以前のエディタを「クラシックエディタ」と呼ぶようですね。

ともあれ、当面はクラシックエディタを使いたいところですね。

【楽天】Synology DiskStation DS218j