セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

DSMアプリケーション, Synology DiskStation DS218jDSM, DSMパッケージ, セキュリティ

パソコンにしろスマホにしろWebサービスにしろ、セキュリティ対策は必要ですよね。

とはいうものの最近は不正アクセスはめちゃめちゃ高度かつ巧妙化していて、何をどう対策したらいいのか訳が分からないというのが正直なところではないでしょうか。

Synology DiskStation DS218jはNAS、つまりはサーバーです。

特にNOMIのようにインターネット経由でアクセスしたり、VPNの起点として利用したり、公開サーバーとして使ったり、という環境だと常に不正アクセスの危険にさらされることになります。

で、現在のセキュリティ対策について、DSM上でお任せで診断してアドバイスしてくれるのが"セキュリティ アドバイザー"というわけです。

“セキュリティ アドバイザー"は最初からDSMに組み込まれていますのでインストールは不要です。

それはそうですよね。

DSMにログインして、

セキュリティ アドバイザーを開く|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

“セキュリティ アドバイザー"をクリックします。

セキュリティ アドバイザーの起動|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

DSMの主な用途を聞かれます。NOMIは家庭で使っているので素直に「自宅と個人」を選択して[起動]をクリックします。

スキャン中|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

システムのスキャンが行われます。

スキャン完了|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

マルウェアは無し、システムは正常、アカウント設定には問題なし、パッケージはすべて最新というお墨付きをいただきましたが、ネットワーク設定に問題ありとのご指摘が。[ネットワーク]をクリックしてみると、

リスクを確認|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

SSHとTelnetに問題ありとのことです。

SSHのほうをダブルクリックしてみると、

対策方法の確認(SSH)|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

SSHをWell-Knownポート番号の"22″のまま使うのは良くないよ、ということですね。仰せの通りです。NOMIは横着していました。指示に従ってコントロールパネルから、

SSHポート変更|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

ポート番号を変更して[適用]をクリックしてからコントールパネルを閉じ、"セキュリティ アドバイザー"に戻って、

再スキャン実施|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

[スキャン]をクリックします。再スキャンが行われて、

再スキャン結果|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

リスクが2から1に減りました。[ネットワーク]をクリックすると、

リスク確認|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

SSHはこれで大丈夫のようです。もう一つ指摘されているほうのTelnetをクリックすると、

対策方法の確認(Telnet)|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

そもそも暗号化されていないTelnetを使うべきではないですよ、とのこと。ごもっともです。NOMIはSSHが使えるのでTelnetを有効にしておく理由は確かにありません。興味本位で使ってみた後に無効にするのを忘れていただけですが、こういうのが危ないのですよね。反省します。

指示に従ってコントロールパネルから、

Telnetを無効に|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

Telnetサービスのチェックを外して[適用]をクリックします。もう一度"セキュリティ アドバイザー"に戻って[スキャン]をクリックすると、

再々スキャン結果|セキュリティ アドバイザーを使う(1)~DiskStation DS218j

やっと合格をいただきました。

自分ではきちんと対策をやっているつもりでも「ついうっかり」は誰にでもあることです。こういう機能はありがたいですね。

へ続きます。

【楽天】Synology DiskStation DS218j