IPアドレスの固定~DiskStation DS218j

Synology DiskStation DS218jは、デフォルトではDHCPサーバーから適当なローカルIPアドレスをもらって動作します。

家の中だけでの利用であれば、NetBIOS名である”NAS0″でアクセスすれば良いだけですから特に困ることはありません。またQuick Connectを使えば外出先からのアクセスでも自動的に宅内のDS218jを探してくれるので、これも問題はありません。

しかしNOMIはDS218jでホームページを公開する計画を持っています。

インターネット空間から自宅に設置してあるDS218j上のWebサーバーにアクセスするには、外部インターネット空間からのポート80または443要求を、自宅ルーターでポートフォワーディングしてDS218jで受けなければなりませんから、DS218jのローカルIPアドレスが非固定では具合が悪いという訳です。

DS218jのローカルIPアドレスの固定はDSMから行います。

DSMにログインしたら、[コントロールパネル]を開きます。

コントロールパネル|DSM

[ネットワーク]を開きます。

ネットワーク設定|DSM

[ネットワークインターフェース]タブから[LAN]を選び、[編集]を開きます。

LANの設定|DSM

現在はIPアドレス自動取得で、”192.168.100.36″になっていますが、ここで[手動で設定する]を選択します。

LANの手動設定|DSM

Windowsの場合、自動設定から手動設定に切り替えようとするとすべての値を新規に打ち込まなければなりませんが、DSMでは自動設定の値がデフォルトで入力欄に残るので、IPアドレスだけ書き換えれば良いです。親切ですね。

NOMI宅では、DHCPスコープは”192.168.100.32″~”192.168.100.62″ですので、固定IPアドレスはその範囲外の値を設定します。今回は”192.168.100.201″に設定しました。書き換えたら[OK]をクリックします。

LAN設定変更中|DSM

10秒くらい待つとDSMは設定変更後のローカルIPアドレスで自動的に再接続されます。

国産の多くのNASやWi-Fiアクセスポイントの場合、こういうネットワーク設定の変更を行うと、一旦ブラウザを閉じて新しいIPアドレスでログインし直さなければならなかったり、本体の再起動が行われて長時間待たされたりすることがあります。こういう細かいところがDS218jはとっても親切です。

再接続されたらブラウザのアドレスバーを確認します。

DSMのアドレスをブラウザで確認

IPアドレスが変わりました。DSMの[コントロールパネル]→[ネットワークインターフェース]タブ→[LAN]を展開すると詳細が確認できます。

固定IPアドレス設定の確認|DSM

以上でDS218jのIPアドレスは固定されました。

Synology DiskStation DS218j

Posted by NOMI