MyDNSでDDNSを利用する

既に公開済みのブログ「モノを使い倒す」ですが、公開時はSynology提供のDDNSホスト名”wwq.myDS.me”で運用してきました。

参考【SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j

これで特に問題はなかったのですが、「やっぱりホスト名の最後は”jp”だなー。」と思ったので勉強がてら変更してみることにしました。

“wwq.myDS.me”はSynologyのDSMが使えるNASでの利用が前提なので、SynologyのNASとお別れすることがあれば”wwq.myDS.me”は使えなくなる、というリスクヘッジの意味もあります。

新しいDDNSホスト名は、以前利用したことのある”MyDNS.jp”から利用させてもらうことにしました。

自宅サーバーやVPSに使える無料のダイナミックDNS (Dynamic DNS) | MyDNS.JP

以前利用していたアカウントは失効していたので、あたらめてトップページの”JOIN US“から利用登録します。ほどなくIDとパスワードがメールで送られてくるので、ログインしてホスト名を利用登録します。

ホスト名の設定|MyDNS

登録できたのは、現在使っているホスト名と酷似している”wwq.mydns.jp”。違和感なくていいですね。

“MyDNS”のサイト説明に従って”IP ADDRESS  DIRECT“のページから動作確認を行ってホスト名の登録は完了です。

次に自宅のグローバルIPアドレスの通知方法です。

SynologyのDDNS設定~DiskStation DS218j】のとおり、Synology提供のDDNSホスト名の利用に際しては、DSM自体が自動的にグローバルIPアドレス通知を行うので、ホスト名を選定して利用登録をすればそれで終わりでした。またDSMは世界的に著名なDDNS提供サイトなら、それぞれの提供サイトへのグローバルIPアドレスの通知設定ができるようになっていますが、残念ながら”MyDNS”はDSMに対応していません。

“MyDNS”へのグローバルIPアドレスの通知には色んな方法が使えます。

IPアドレス通知の方法一覧|MyDNS

Synology DiskStation DS218jのDDNS通知の仕組みを使うことも考えましたが、ググってみるとNOMI宅と同じルーター”YAMAHA NVR500″を使っている方で、ルーター自身の”luaスクリプト”機能を使って”MyDNS”へのグローバルIPアドレスの通知を行っている例がいくつか見つかりましたので、参考にしてやってみました。

まず、luaスクリプトを書いてテキストファイル”mydns.lua”で保存しておきます。

http_ddns = {
url = “http://www.MyDNS.JP/login.html”,
method = “GET”,
auth_type = “basic”,
auth_name = “[MyDNSのユーザーID]”,
auth_pass = “[MyDNSのパスワード]”
}
rt.httprequest(http_ddns)

次に、”YAMAHA NVR500″にログインして、パソコンからの”tftp”転送を許可するコマンドを実行します。

tftp host [パソコンのローカルIPアドレス]

パソコンで”tftp”による転送ができるように、パソコンの[コントロールパネル]→「プログラム」→[Windowsの機能の有効化または無効化]を開き、「TFTPクライアント」を有効にします。

TFTPクライアントの有効化|Windows

次にパソコンで「コマンドプロンプト」を開き、作成しておいたテキストファイル”mydns.lua”を保存しているフォルダに移動し、tftpコマンドでテキストファイル”mydns.lua”をルーター”YAMAHA NVR500(192.168.100.1)”のRTFS領域に転送します。

C:\Users\[フォルダ名]>dir *.lua
ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
ボリューム シリアル番号は ????-???? です

C:\Users\[フォルダ名] のディレクトリ

2018/09/12 17:55 178 mydns.lua
1 個のファイル 178 バイト
0 個のディレクトリ 148,896,321,536 バイトの空き領域

C:\Users\[フォルダ名]>tftp 192.168.100.1 put mydns.lua /mydns.lua/[ルーターのadminパスワード]
転送を正常に完了しました: 1 秒間に 178 バイト、178 バイト/秒

C:\Users\[フォルダ名]>

再びルーター”YAMAHA NVR500″にログインし、以下のコマンドを実行して”mydns.lua”を10分おきに実行するようスケジュールを記述します。

schedule at 1 */* *:0,10,20,30,40,50 * lua /mydns.lua

ルーターでテストコマンドを実行してみます。

lua /mydns.lua

エラーが出なければルーターを再起動して意図的にグローバルIPアドレスを変更してみます。その後”MyDNS”のサイトにログインして、”LOG INFO”を確認すると、

IPアドレスのアップデートを確認|MyDNS

ルーターの再起動でIPアドレスのアップデートが確認できました。

これでひとまず”wwq.mydns.jp”のDDNS設定は完了しました。

次に”https://wwq.mydns.jp/”でサイト運営できるように証明書の再取得を行います。

SSL証明書の更新~DiskStation DS218j

DNS関係, YAMAHA NVR500

Posted by NOMI