LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

家電&PCパーツオーム電機, ルミエール, 購入記, 電器

「キッチンのあかりがなんか暗くなった気がする...」

と、家内が唐突に訴えてきました。

我が家は2001年に新築したので、そのときの家の中の照明は全部蛍光灯か白熱灯でした。これらをできるだけLED照明に変えようと思い立ったのは、世の中が電力不足で右往左往していた2011年3月の東日本大震災後のことです。

とはいえ、まだまだ使える蛍光灯を撤去してしまうのも資源の無駄、というわけで、寿命が切れた順にLEDに取り換え、という段取りでLED化を進めているNOMI宅です。

実はLED化を思い立って、家の中で真っ先に切れたのがシステムキッチンのビルトイン照明(蛍光灯)。2012年6月のこと。

「キッチンのあかりがなんか暗くなった気がする...」と言われた場所です。

システムキッチンの照明|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

もともとは汎用の直管型20Wの蛍光灯が内部に装着してありました。

今では直管型蛍光灯と互換性のあるLED照明が安く手に入るようになってはいますが、当時はまだ品質も安定していなくて結構高価でしたので、電気料金との兼ね合いを考えて25W型の電球型LEDに取り換えました。これです。

東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球外観|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

「東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球 ミニクリプトン形 4.3W (密閉器具対応・フィンレス構造・口金直径17mm・小形電球25W相当・320ルーメン・昼白色) LDA4N-E17」

名前長すぎ。今ではモデルチェンジして440ルーメン/3.7Wの商品になっているようですね。これ

当時Amazonで1,018円で購入しました。で、カバーのアクリル板を外して、蛍光灯をユニットごと取り払ってE17ソケットを取り付け、

東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球装着|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

こんな感じにLED電球を取り付けて、

東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球点灯|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

こんな感じで使っていました。明るさでいえば20Wから25W相当に変わった上に、

東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球仕様|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

と、下向き配光なので、消費電力が18Wから4.3Wに下がったのにかえって明るく感じたものです。

とはいえ、使い始めて早いものでもう7年です。一日平均で5時間ほど点灯していますから、12,000時間は使ったでしょうか。慣れもあると思いますが、そろそろ暗くなってきているのかもしれませんね。というわけで交換です。

最近は直管型蛍光灯の形状をしたLEDランプも結構出回ってきています。値段は3,000円くらいです。安いといえば安いのですが、4.3W電球の一時間当たりの電気料金をざざっと計算すると約0.065円。一年に換算すると120円くらいです。と考えると設備代に3,000円もかけるのはちょっとあほくさいですね。

そこで見つけたのがコレ。

外箱|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

LED電球 ミニレフランプ形 E17 50形相当 昼光色 [品番]06-0770 | (株)オーム電機OHM

買ったのはディスカウントストア、ルミエール、799円(税込み)でした。

仕様|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

需要が多いせいか、最近売っているLED電球は広範囲型がほとんど。下向き配光って意外に少ないです。レフランプ形はほとんど下向きなので都合が良いですね。

口金は取り換え前のものと同じくE17なので配線作業は不要。さっそく取り付けです。

取り付け|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

前のものよりかなり大きいです。では点灯です。

点灯|LED電球 レフランプ形 E17 50形~オーム電機

残念ながら写真ではよくわかりませんが、結構明るくなりました。消費電力は同じく4.3Wですが明るさは320ルーメンから497ルーメンと55%アップですので当たり前ですね。ちらつきもノイズもなく、とてもいい感じです。